旅行業

旅行業20代の女性 上司からの度重なるパワハラに自尊心を傷つけられ辞めたい

上司からのパワハラ

今回の相談者は、20代の旅行業の女性。
結婚を機に転職した会社は、事前の情報とは大きく異なるものでした。暴言を繰り返す上司に謝ってばかりの日々。自分がきちんと仕事が出来ていないせいだとも考えていたそうですが、本当にそうなのでしょうか。
ぽんたんがお答えします!

上司からの度重なる暴言に、自尊心を傷つけられる日々

元々は別の業界で新卒として働いていましたが、結婚を機に、仕事をやめ地元に戻って再就職することとなったのです。

新卒で入社した会社と同業種の募集がなかなかなく、焦りもあった中で内定が一番早くもらえたこと、大手だったこともあり中途での入社を決めました。

実際、元々の業種ではかなり残業もしていて拘束時間も長かったです。
朝から日付変わるまで仕事をすることもありました。

そういった経緯も話したうえでの内定、働き方改革をしているのでうちではそんなことはありませんよワークライフバランスを重視しています環境も良いですよ、そのようなことを言われました。

今となっては業界的にかなりブラックな業界であることには変わりないのですが、早く内定がでたことや、人事の方が非常に親身になって下さったことが決め手になりました。
当時、人事の方は皆さんとてもよくして下さって、雰囲気もとてもよく思えました。

しかしながら、実際はなかなか環境が良いとも言えませんでした。

休みが不定期、数も少ない、給与面、ストレス・・・

中でも人間関係についてはうまくいっていませんでした。

結構さばさばした風潮、人の気持ちなど考えていないでしょう、そうも思えるようなこともたくさん言われてきました。

全ての人からそういう風にいわれたりされたりしたわけではありません。
しかし少ない人数の中で複数人そういうスタッフがいれば、仕事の雰囲気などよくなるはずもありませんでした。

そもそも、上司がそういうタイプでいらっしゃったので、なかなか馴染めず、転職を後悔したことの方が多かったです。

毎日毎日謝ってばかり、謝っても怒鳴られ、しかし謝らない訳にも行かない。

感情的になるスタッフが多く、今思えば皆ストレスでいっぱいいっぱいだったのかもしれません。

お客様の前で、上司から怒鳴られたこともあります。

一生懸命やったことも、気に入らなければ嫌味を言われてごみ箱に放り出されるような環境です。

同世代のスタッフは仲の良いほうだったと思いますが、感情的になるスタッフが一定数以上いることにだんだん耐えられなくなりました。

自己肯定感がだんだん薄れ、「頭が悪い」「頭がおかしい」「こんなこともできないのか」

暴言を吐かれるだけではなく、デスクを叩かれたりすることもしばしばでした。

人に話せば、パワハラではないか、とも言われましたが、実際そのようなことを言いだせる、相談できる環境もありませんでしたし、それが正しい、当たり前だというような環境の中にいるとそれすら抗議もできなくなるものなのです。

暴言も吐かれ続けると、最初は自分でもそのように思わず納得できない言葉にいらだちを感じることもありましたが、だんだんそのように思えてくるのです。

おかしい、そういったのは母親でした。

前の会社でもそのように頭が悪い、仕事ができない、などの扱いを受けてこず、ある程度のことはしっかりやってきたと思います。
諸業務に関しても、覚えの悪い方ではないと思いましたし、そのように言われる環境はやはりちょっとおかしいと。

両親は結構古い考え方の人ではあるので、何回も転職することはよくないことだと思っていました。

しかしながら、それでもその会社は辞めて、別の人生でもやり直せるのではという風に言われたのです。

私は数々の暴言などのいわゆるパワハラに対して、自分がうまくできないからこのように言われるのだと、みんながこのようにいわれたりされたりしないのはみんなが優秀だからだと思うようになっていましたが、この環境が特殊で少しおかしいのだと気づいてからは辞める決心がつきました。

やめねばならないと思いました。

理由が理由ですし、周りの人からも良くは思われていなかったでしょうから、辞めるのは精神的にもきついものがありましたが、無事に退職させてもらうことができました。

結果的には、労働環境がブラックだったということが一番ではなく、上司や周りの人たちと馬が合わず、ひとりの人として尊重されることがない自尊心や自己肯定感がただただ低下していくような状況で、これ以上いるとおかしくなってしまうと思ったことが一番です。

周りの人々がみんなそのように言っている、それを当然としているなかでは、つい飲み込まれがちでそのように感覚がおかしくなってしまうこともあります。

気づいたときには体調を崩していたりする先輩もいました。

早めに決断ができて良かったと思っています。

その上司、許せません!それはパワハラ、モラハラです!

本当にひどい環境で、よく頑張りましたね。

明らかに、悪いのはあなたではなく、上司であり周りの環境です。
上司のあなたに対する言動は、間違いなくパワハラモラハラだと言えるでしょう。

そして、あなたがその標的となってしまったこともまた、あなたの責任ではありません

これは推測にすぎませんが、中途入社してきたあなたの意見や仕事の進め方が、その上司とは異なるものだったのかもしれません。
でも、それは「異なる」だけで、否定されるべきものでは無いはずです。

それどころか、異なる意見は会社に良い変化もたらすものとして、本来なら歓迎されるべきであり、それを受け入れられない組織に成長は見込めないと思います

ただ部下を責め立て怒鳴りつけ、人格までもを否定するような人物に上司としての資質はありませんし、そのような人物にポジションを与えて放置するような会社も問題です。

そんな会社には見切りをつけて正解です。

あなたはきっと責任感のとても強い方なのでしょう。
だから、上司の理不尽な叱責にも耐えながら、一生懸命に仕事をしていたのだと思います。

まだまだ終身雇用の考え方が根強い社会において、何度も転職をすることに抵抗を感じる人も確かに多いですよね。
しかし、会社の在り方も多様化し、働き方も多様化、働く人も多様化する今の時代、一つの会社だけを知るのではなく、様々な会社で働いた経験もきっと強みになるはずです。