金融業

金融業 30代の女性 ノルマとプレッシャーの毎日に限界を感じる

今回の相談者は、金融業界の30代の女性。就職難の頃に就職活動をし、内定をもらった地元の銀行に業務内容はよくわからないまま就職。いざ働いてみると、ただでさえミスの許されない緊張感の漂う仕事に加え、女性の多い職場ゆえの人間関係の悩みもありました。特に大変だったのは、毎期の厳しいノルマです。限界を感じた頃、結婚をすることになり退職したそうです。
仕事にノルマがあるのは仕方のないことなのでしょうか。ぽんたんがお答えします!

ノルマとプレッシャーの毎日に限界を感じる

地元の大学を卒業して、地元の銀行に入行しました。

当時私が就職活動をしていた頃、なかなか厳しい時代で就職難でした。
地元で就職しようと決めていたので、地元の企業をたくさん回り、説明会にも参加して、そこまで興味のない分野の企業にも積極的にエントリーしていました。

そんな中でご縁のない会社もたくさんありましたが、最終的に内定を2社いただくことができました。
一つは地元の大手メーカー。もう一つは地元の銀行でした。

どちらもこの地域で就職するには良い企業でしたが、色々と悩んだ結果銀行に就職することに決めました。

銀行について何も知らなかった私。
経済に詳しくないといけないのかな、とか勉強することもたくさんあると聞くし、大変そうだなと思っていました。

でもどう大変なのかわかっておらず、いざ入行。
一年目の頃は本当に大変で、休みの日はずっと寝ているような生活でした。

私は窓口業務などを担当する一般職で入ったのですが、入行して3ヶ月目にはすでに窓口に配属されていました。
端末を使ってお客さまから預かった伝票などを処理していくのですが、端末で打ち間違いをしてしまうとお客さまの通帳に印字ミスをしてしまうので、ミスしないようにするのにとても気を使いました。

先輩方もそれぞれに忙しく、忙しいときは気軽に聞ける雰囲気でもなく、とにかく正確に処理をこなしていくことに必死でした。

覚えることもとても多く、ちょうどその頃銀行でも投資信託や保険なんかもばんばん取り扱ってこなしていこうという方針だったので、残業してしょっちゅう勉強会が開かれていました。
投資信託や保険をお客さまに買ってもらうと手数料が銀行に入るので、そこに力を入れていこう、そしてお客さまにしっかり説明できるように勉強をしっかりしていこうということでした。

個人に割り当てられたノルマもたくさんあり、定期預金、クレジットカード、インターネットサービス、投資信託、保険、外貨預金…
などたくさんのノルマが毎期ごとにあり、前期がんばって達成した!思ったら、後期がすぐ始まりまたいちから…

できなければ面談のときに上司にどうなってるんだ、と言われていました。
おかげで行員は自分で投資信託を購入したり、親戚にクレジットカードを作ってもらったりとノルマを達成しなければなりません。
窓口業務でもノルマが達成できていなければ、仕事のあとお客さまの家に訪問したり、お知らせや勧誘を行っていました。

ノルマもたくさんあり、お金を扱う仕事なのでミスは許されない職場だったのですが、なんとか数年働きました。

4年目になり、少し中堅どころになってきました。
こうなってくると、当時20代後半の私より上の先輩は40代以降の先輩ばかりで、気軽に相談できる人がいなくなっていました。

そう、みんな30歳前後になると急に辞める人が多かったのです。
当時、産休育休をとる人はほとんどおらず、結婚したらやめる人がほとんどでした。
なのに後輩は毎年入ってきて増える。

私は中堅どころということで、必然的に様々なことを任されるようになってきました。
仕事も満足にできないのに、年齢が上がるにつれて、求められることが増えていったのです。

一番きつかったのが、仲良くしてもらってた一つ上の先輩が異動していなくなってしまったこと。
相談できる人が誰もいなくなってしまいました。

おまけに銀行は女性が多く働く職場で、あの人とあの人が仲が悪いやらうわさが飛び交ったり、きつい人がいたりと人間関係でも悩みの多いところでした。

ノルマも多いし、人間関係もしんどい…

もうやめたい、と本気で思ったのが4年目の頃でした。
それまでもずっとやめたいとは思っていたけれど、グチを言いあえる先輩や後輩がいたからやってこれました。

でももう限界。

ちょうどその頃、数年付き合っていた彼との間に結婚話が出ており、彼は県外にいて遠距離恋愛だったのでそれもちょうど潮時かなと思い、退職して結婚することにしました。

仕事は大変だったけれど、仕事に対する姿勢や一所懸命やること、責任感をもって仕事することなど、様々なことを教わり今の自分の糧になっているような気がします。

今は子育て中なので再就職は考えていませんが、次に仕事をするなら、ノルマがないこと、あと銀行で働くのはもうしんどいかな…と思ってます。

とはいっても土日は休みだし、15時すぎには業務も終了してパートだと帰れるので子育て中にはとても環境はいいのですけどね。苦笑

仕事に必要なのはノルマではありません!

ミスの許されないという緊張感、たくさんのノルマ、中堅社員としてのプレッシャー。
そんな毎日では息がつまり、気持ちも休まりません。
でもあなたは、その状況でその時々にできる限りのことを必死に頑張って働いていたのですね。

仕事をする上で、目標を掲げて達成していくことは必要なことです。
しかし、それはみんながポジティブに取り組める目標でなければいけませんよね。

目標が、社員のやる気を奮い立たせるものではなく、社員にストレスを与えるノルマとなってしまうのは、個人の問題ではなくその会社や職場に問題があるように思います。
社員に過度なプレッシャーを与え、時には社員やその家族や周りの人達を犠牲にするようなノルマは、社員の心とやる気を擦り減らしていきます。
結婚や出産を機に退職する女性社員が多かった一因もそこにあったのでしょう。

今は子育て優先で再就職は考えていないとのことですが、育児をしていると社会との繋がりを求めてまた働きたいと思う方も多いそうです。
もし次に働く時には、ノルマという形ではなく、社員一人一人が主体的に目標の達成を目指して行動できるような、そんな職場がみつかるといいですね。